補助輪なし(コマナシ)自転車に簡単に乗る練習方法

親子が根性で何時間も補助輪なし自転車に
乗る練習をする時代は終わりました!

ちょっと、大げさすぎました?
ガニ股で前かがみになり、自転車の荷台の後端を持って、フラフラする自転車をを支えながら汗だくになって何度も何度も走る!
そして子どもはというと、半分泣きながら「怖いよぉ〜、絶対離さないでぇ〜」と絶叫しながらペダルをこぐ。

もしかして、こんなこと毎日やってませんか?

実は、もっともっと簡単に楽しく補助輪を取って乗れる方法があるのです。

我が家の運動神経が決していいほうではない、根性なしの娘が4歳の時数時間で乗れるようになった方法をご紹介しますね。

自転車に乗った女の子 ちなみにコマナシ自転車というのは、補助輪の付いていない自転車のことですよ♪
コマナシ自転車って方言でしょうか?
わたしたちの地域(関西)だけなのかなぁ〜

補助輪をいつ、はずそう!

補助輪をつけてでもガンガン自転車に乗れるようであれば、はずす練習をしてもいいでしょう。
補助輪付きでも恐る恐る、ゆっくりとしか乗れない状態ならまだ早いでしょうね。

これは今までどれだけ自転車に乗っているかで変わるでしょうが、年齢的には3歳、4歳くらいでしょう。
近所のお友達にコマナシ自転車が乗れる子がでてきたりすると、うらやましくて乗りたい!って言い出すかもしれません。

見ていると、コーナーでのスピードが追いつかなくなるので、わかりやすい実感があって、悔しいみたいです。

さあ、そのときが絶好のチャンス!!

自転車を用意しましょう(サドルの位置調整とペダルのはずし方)

それでは、時期が来たとして、練習のための自転車を用意しましょう。
そしてそのためのペダルのはずし方です。

 サドルにまたがって足裏が半分地面につくぐらいの位置まで下げましょう。

近くに懇意の自転車屋さんがあれば、ちょっとお願いして無料ではずしてくれると思うのですが、ネットなどで購入した場合は行きづらいですよね。
わたしの地域では、一回につき、300円取られたりします。

では、自分ではずし方を紹介します。
補助輪をはずすためには、右の写真のような15mmのスパナが必要です。
何回か使わなければならないものだし、そんなに高いものではないので、買ってもいいと思います。
ここで買うこともできます →こちらをクリック

ペダルの根本に上からスパナを差し込み,自転車の後ろ側の方向に回してペダルを外します。左右とも後ろ側に倒して外します。左のペダルは逆ネジに(時計回りで緩む)になっています。

固くて緩まない場合は,潤滑剤をスプレーするか、それでもはずせない場合は自転車屋さんに持ち込みましょう(ペダルが錆びていると外れない場合があります←わたしの友人)

自転車を押して歩こう

子ども自転車

自転車の左側に立って(右側に立つとそばを車が走るので危険です)ハンドルを軽く握りましょう。

“8”の字、ジグザグ、Uターンもふらつかずハンドル操作ができるように押して歩いてみましょう。

そんなに長い時間する必要はありません。

練習するなら、道路ではなく、公園などの車のこない広場でしましょう

自転車にまたがって、けって進もう

一番大切なステップです。

自転車にまたがり、サドルに座り、ハンドルを軽く握って、下を見ないようにして、肩の力を抜き、両足のつま先で、地面を蹴って進みます。

あっ、でもこれは、正しい乗り方の見本。そんなに色々注意しなくても、サドルに座って地面をけってこけなければOKです!

これを反復練習していると、やがてはコマナシ自転車に乗るための一番大切なバランス感覚が勝手に身に付くらしいです。

最初はゆっくりと歩くように,だんだん歩幅を大きくしていきます。
でもこれも、しばらく歩いていると子どもは疲れて、いちいちけることがめんどうになってきますきます。
そして、ここが一番のポイントですが、強くけりだして、惰性で走っている間、足をつかず休めたりしようとします

足をつかない状態で、(地面をけった惰性で)3秒以上走れるようになり、止まるときに、ブレーキレバーをにぎって止まれるようになったら、もう、この練習は終わりです。

ペダルをつけて、走らせよう!

慣れてきたら、ペダルをつけて実際にこぐことにチャレンジ。
走り始めは、あしで地面を蹴って進み、スピードが出たらペダルに足をのせてこぐ。

バランス感覚が身についてるので、後ろの荷台を持って一緒に走る必要もないし、 こけることもありません。

さあ、ぜひチャレンジしてください!

慣れてきたら、ペダルをつけて実際にこぐことにチャレンジ。
走り始めは、あしで地面を蹴って進み、スピードが出たらペダルに足をのせてこぐ。

バランス感覚が身についてるので、後ろの荷台を持って一緒に走る必要もないし、倒れることもありません。

我が家では、娘が4歳1ヶ月の時に、一番仲のいいお友達(5歳)がコマナシ自転車に乗ることができて、それまで補助輪付き自転車を乗りなれていたので、近くの河川敷で練習開始しました。

根性なし、怖がり、運動神経なし(自分の娘ながら・・・・)でしたが、ほんの2,3時間で乗れるようになりました。

それも、一切わたしは、自転車に触ってないし、一緒に走ったりしていません。
親子でめんどくさがり(^^ゞ

そして、この方法を教えてあげた親子は8割の確率で、数時間で簡単に乗れるようになっています。(あとの2割の子どもも、数日で乗れるようになっています♪)

ぜひ、試してみてくださいね。

最後に、練習中はヘルメットをかぶらせるのと、交通ルールは守りましょうね!